自動車保険の内容

自動車保険を見直すときは

自動車保険の見直しを行う

自動車保険の料金は、他の商品に比べて高めです。そのため家計の圧迫原因になりがちで、内容の見直しと料金の節約を考える方が多くなっています。しかし、節約のためとはいえ、補償の内容を大幅にカットしてしまうやり方は危険です。それは、自動車保険は万が一交通事故を起こしてしまった時に相手に対する賠償責任を補てんするために契約するものだからです。そのため、内容の見直しと家計の節約を考えるのであれば相手の人身や物損に対する損害賠償補償は無制限の最大補償を確保し、安心第一でできるだけ安いプランを探すというスタンスが大切です。

自動車保険の主流はリスク細分型

自賠責の料金・補償内容はどの損保会社から加入しても同一ですが、任意の方は各社がそれぞれ制度を開発して販売していますので料金・内容ともプランごとに異なります。最近の任意自動車保険では、リスク細分型が主流です。リスク細分型というのは、契約時にたくさんの項目ごとにタイプや条件を設定して総合的なリスクをはかり料金が決まる仕組みです。リスクを決定する要因には車種や排気量、運転者の年齢条件、運転者の範囲、車両特約の有無などがあり、生命系の保障や医療系の保障同様、自動車任意保険でもリスクが高いほど料金が高く設定されます。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; 自動車保険の補填内容について All rights reserved