自動車保険の良さ

自動車保険があると安心

自動車保険に契約しないと危険

交通事故を起こしてしまい加害者の立場になると、相手に対する賠償責任が発生します。賠償責任は人身損害・物の損害・収入の損害・精神的なダメージと幅広く発生し、その損害額は多大です。自動車保険は、この相手に対する賠償責任を補償する目的で契約するもので、自賠責と任意の2種類があります。このうち自賠責は、交通事故の被害者が最低限の補償を得られるよう国で制定し全ての車両に加入を義務づけています。しかし自賠責で補償できる範囲は限られていて、その補償範囲以上の損害の賠償責任を補償するために契約するのが任意自動車保険です。任意の方は契約するかどうかを個人の判断で決められますが、契約していないと自賠責の補償でカバーできない相手への賠償責任について莫大な負担が発生してしまいます。

自賠責保険は損保会社で

自賠責は、交通事故の被害者になってしまった方が最低限の補償を受けることができるように国が制定し、乗用車だけではなく二輪車や原付と公道を走行するすべての自動車に加入を義務付けている保険です。自賠責は損保各社で取り扱っていますが、国で制定した制度なのでどの損保会社を経由して加入の手続きをしても料金・補償内容ともに全く同一です。自賠責は交通事故被害者の最低限の救済というスタンスで制定されているので、人身損害賠償責任だけを補償の対象としていて、支払われる額にも限度があります。よって交通事故によっては自賠責だけでは補償がカバーされず、その不足を補うために契約するのが自動車任意保険です。任意の方は損保会社がそれぞれ制度を開発して販売しているので、料金・補償内容とも会社によって異なります。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; 自動車保険の補填内容について All rights reserved